アクセスランキング

2015年10月 一覧

<超速ニュース>

10月8日(木)日経平均7日ぶり反落181円安

日経平均は7営業日ぶりに反落。寄り付き後、18400円台を回復する場面もあったが、前日までの急ピッチな上昇に対する利益確定売りも出やすく、前場後半からマイナスへと転じ、後場後半には一段安となった。終値は前日比181円安の18141円となった。


10月8日(木)の期待銘柄

取引の参考銘柄として検討してみてください。

5609 日鋳造   120円 買い 逆指値

9478 SE H&I  200円 買い 逆指値


ノーベルが願った人類の平和と進歩、「ノーベル賞」

アルフレッド・ベルンハルド・ノーベル(1833年〜1896年)

ノーベルがダイナマイトを発明し、火薬事業で莫大な富を築かなければ「ノーベル賞」は設立されなかった。ダイナマイトは、鉄道、道路、鉱山の工事に有効に使われたが、一方では戦争にも使われ、人の命を奪う武器になった。ノーベルは、自分の財産を人類の平和と進歩に役立つ仕事をした人に分けてほしい』という遺言を残し、その遺言が「ノーベル賞」につながった。「ノーベル賞」の授賞式は、毎年、ノーベルの命日(12月10日)に、ノーベルの生まれた町(ストックホルム)で行われている。

発明家、実業家として、後世に名を残す、五つ星の人物である。

 

出典 https://ja.wikipedia.org/

スウェーデンのストックホルム生まれ

化学者、発明家、実業家

享年63歳

 

<プロフィール>

建築家で発明家の父イマムエル・ノーベル と母カロリナ・アンドリエッテ・ノーベルの4男として生まれる8人兄弟)。少年時代から爆発物に興味をもち、父からその原理を学ぶ。さらに化学の知識を深めるため、パリで1年間、アメリカで4年間、化学を学ぶ。

その後、爆発物の研究に没頭し、特にニトログリセリンの安全な製造方法と使用方法を研究。ニトログリセリンは液体で揺れや振動に反応して爆発するという欠点があった。

31歳の時、爆発事故で弟と5人の助手が死亡。33歳の時、不安定なニトログリセリンの爆薬を改善したダイナマイトを発明し、アメリカとイギリスで特許を取得。

38歳の時、より安全となったダイナマイトの量産を開始。50カ国で特許を得て、100近い工場をつくり、世界中で採掘や土木工事に使われるようになった。一躍大富豪となる。

ヨーロッパと北米の各地で会社を経営し飛び回っていたが、生涯独身で子供はいない。

 


諦めずに前へ進む

何事も直ぐに良い結果がでるものではない。

ただ、信念をもって実行していても、

自分のやっていることは正しいと思っていても、

批判され、誰も理解してくれない状況になると

元気を失ってしまうこともある。

しかし、そこでもうひと踏ん張りすることが大切。

諦めず、努力を続けることで、また元気が増してくる


10月7日(水)日経平均6日続伸136円高

日経平均は6日続伸。6日米国市場の弱含みな流れを受けて、日経平均は小幅安からスタート。日銀政策決定会合が現状維持となり、後場の寄り付きでは143円安まで下げ幅を広げたが、その後は、一時200円近く上げ幅を広げ、結局136円高で取引を終えた。東証33業種中、26業種が上昇。

 


10月7日(水)の期待銘柄

取引の参考銘柄として検討してみてください。

8927 豊明エンター 115円 買い 逆指値

8029 ルック    184円 買い 逆指値

9726 KNTCT  280円 買い

 


発明王、エジソン

トーマス・アルヴァ・エジソン(1847年〜1931年)

100年以上前、この時代にエジソンが誕生しなければ、現在の生活環境は存在しなかったであろう。発電、送電、電灯、家電製品、自動車、電話、オーディオ製品など、そのルーツは、エジソンの発明・改良につながっている。

発明家、企業家として、後世に名を残す、五つ星の人物である。

出典 https://ja.wikipedia.org/

アメリカ合衆国オハイオ州生まれ

発明家、起業家

享年84歳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<プロフィール>

父親は大工職人、母親は小学校の先生。7人兄弟の末っ子。

小学校は入学から3カ月で中退し、母親から教育を受ける。

本を読むのが大好きで、

市立図書館で、あらゆるジャンルの本を読みあさる。

そして、化学に興味をもつ。

少年時代は、自らの手で新聞を発行し、列車の中で販売する。 15歳の時に電信技術を教えてもらい、16歳にしてモールス信号の通信技師になる。

21歳の時に初めて特許を取得。議会における賛成票と反対票の数を押しボタンで瞬時に集計できる電気投票記録機だが、受け入れられず。

22歳の時に特許を取得した株式相場表示機(エジソン万能相場表示機)は、業界から歓迎される。その特許権を通信社に売って莫大な金額を手にし、ニュージャージー州で、相場表示機の製造・販売をする会社を設立。研究も進める。

30歳の時に蓄音機(音を録音して再生する機械)を商品化。そして、ニュージャージー州にメンロパーク研究室を設立し、発明集団として機能させる。

研究所では、電話、蓄音機(録音・再生装置)、電気鉄道、鉱石分離装置、電灯照明などを矢継ぎ早に商品化。なかでも32歳の時に発明した白熱電球は、数多い先行の白熱電球を実用的に改良。そして、ニューヨークに「エジソン電灯株式会社」を設立。続いて、発電機製作所、電球工場、送電線工場などをたてる。ニューヨークの夜に白熱電球の明かりが灯る。

その後、1890年(43歳)までに、それまで手がけていた様々な事業をひとつにまとめ、エジソン・ゼネラル・エレクトリック会社を設立。この会社は、現ゼネラル・エレクトリック社 (GE社) の前身。

エジソンは、生涯に2度結婚し、それぞれ3人ずつ6人の子供をもうけている。

1度目は24歳の時、従業員のメアリー・スティルウェル16歳と結婚。多忙のエジソンは外出が多く、メアリーは体調を崩して29歳で亡くなった。2度目は39歳の時、実業家ルイス・ミラーの娘ミナ・ミラー20歳と結婚。ミナはエジソンと死別後、82歳で亡くなった。


火事場の馬鹿力

「火事場の馬鹿力」とは、家が火事になったとき、

家具をかかえて逃げ出すほどの力が出せるということ。

要するに、差し迫った状態に追い込まれると

普段では考えられない力を発揮するという意味である。

この馬鹿力は、元々人間に潜んでいる強力な潜在能力であり、

特殊な環境や心理状態において無意識に発揮される能力である。

そして、潜在能力を有効に発揮するには、潜在意識の中に、

「自分はXXができる」という特定のキーワードを

脳にすりこむことが大事である。

そうすれば、「火事場の馬鹿力」がだせる。

他人(ひと)に力をださせるときも、

「あなたはXXができる」と言い続けるとよい。

 

 

 

 


日経平均5営業日続伸180円高

日経平均は5営業日続伸。欧米の株高と環太平洋経済連携協定(TPP)が大筋合意に至ったことが好感され、寄り付き後は一時18,372円(前日比367円高)まで上昇。しかし、急ピッチな上昇に対する警戒感から伸び悩む動きとなり、終値は前日比180円高の18,186円で取引を終えた。


「失敗したら後はない」と思え

「失敗したら後はない」

常にそういう覚悟をもって集中力を高めることが大切。

やるぞと決断して行動していても、

ダメならまた別なことをやればいいと考えている人は

成功できない。

物事によっては、失敗した場合の代替策を

用意しておくこともある。

だが、とことん考え、決断して実行したことは、

「失敗したら後はない」と思え。

そうすれば、自分の力が倍増する。

チーム、組織の力も倍増する。


10月5日(月)日経平均4営業日続伸280円高

日経平均は4営業日続伸。欧米株の上昇、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉の大筋合意期待感などから買い先行で取引開始、その後17,900円台でもみ合いとなった。後場には、一時1万8079円(前週末比354円高)まで上昇。大引けにかけてはやや上げ幅を縮小し、終値は結局280円高の18,005円で取引を終えた。 東証33業種中、下落したのは1業種のみ。


一家に1つ、大きなゴミ箱

一家に1つ、大きなゴミ箱を設置するとよい。

例えば、各部屋には小さめのゴミ箱を設置し、

リビングに大きなゴミ箱を設置する。

大きなゴミ箱とは、30リットルクラスの大きさで、

上蓋つきのものがお勧め。

そもそも、ゴミを出さない方がよいが、

生活しているとゴミはつきもの。

ここで言うゴミとは、生ごみを除く一般ゴミのこと。

どんなメリットがあるのか。

 ・どんどんゴミを捨てられる。

 ・大き目のゴミも気にせず捨てられる。

 ・各部屋の小さなゴミ箱に溜まったゴミを

  大きなゴミ箱に捨てられる。

 ・ゴミ箱からゴミがあるれることがない。

 ・ゴミ出し用のビニール袋を使って、

  一時保管するような手間もいらない。

 ・ゴミを散らかすこともなくなる。

 ・速やかにゴミを捨てる習慣が身につく。

 ・部屋がきれいになる。

是非、試してほしい。効果抜群!

 

 


頭と尻尾はくれてやれ

「頭と尻尾はくれてやれ」というのは相場の格言。

「頭」は天井(最高値)、「尻尾」は大底(最安値)の意味。

欲をかいて最高値や最安値を狙うようなことはせずに、

腹八分目にしておきなさいという教え。

トレードをやる人は、「なるべく安く買いたい」

「なるべく高く売りたい」と思う。

大底で買い、天井で売れば、利益は最大限になる。

それを狙いたくなるのが人情だが、狙ってはいけない。

と言うより、狙うことはできない。

 


10月2日(金)NYダウ終値は200ドル高

米国雇用統計が予想値を大幅に下回り、

発表直後、NYダウは前日比220円前後安へ大きく変動した。

しかし、その後は、右肩上がりに値を上げ、

終値は前日比200ドル高の16,472ドルとなった。

10月5日(月)週明け日経平均も大幅高の1万8000円が見える。


『僕は死ぬ迄、進歩する積りで居る』

『僕は死ぬ迄、進歩する積りで居る』

夏目漱石の言葉として残されているが、

実際、死ぬまで進歩したいと考えているは多いと思う。

人間とは、そういう生き物である。

人間が日々進歩することは大切なことであり価値がある。

社会人の進歩を年代別に分けると、

 20代~30代は、皆が当たり前の進歩をする。

 40代は、将来に差が出る個性のある進歩をする。

 50代は、自分を守るための保守的な進歩をする。

 60代以上は、人生を楽しむ進歩をする。

進歩することに格好をつける必要はない。

お金のため、健康のため、他人(ひと)に差をつけるため、成功のため、

仕事のため、技を磨くため、海外に羽ばたくため、ボケ防止のため、

・・・・ 理由は沢山ある。

行きつくところ、生きがいとは、自分自身の進歩かも知れない。

 

 

 

 


米雇用統計発表(日本時間21時30分)予想値を下回る!

米国雇用統計(非農業部門雇用者数変化[前月比]が、

予想値20.1万人を大幅に下回り、14.2万人になった。

発表直後、為替は円高ドル安へ振れ、120円40銭前後から119円前後へ、

NYダウは前日比220円前後安へ大きく変動した。

なお、米国失業率は、予想通り5.1%となった。

これでは、米国利上げ時期にも影響を与え、NYダウの振れの大きい動きが

当面続きそうだ。日本株への影響も当然ある。

今年12月、日経平均2万2000円前後を期待していたが、

果たしてどうなるか。

日本の金融政策やTPP交渉の進展なども気になるところだ。

 


断捨離に失敗しないための「捨てる!」技術

今や断捨離という言葉は、生活用語として標準化しています。

私も数冊の断捨離本を読み、私なりに実行しています。

既に断捨離を実行している人には分かると思いますが、

断捨離をすると、すっきりした気持ちになります。

気分もよくなります。

ただ、ちょっと気を許すと、また物が増えてきます。

生活する上で物を全く買わないということはできません。

問題は物を捨てないこと、捨てるきっかけを逃していることです。

実は、私は断捨離本を読む以前に、下記の本を読んでいました。

 

「捨てる!」技術 辰巳渚著(宝島社新書) ※2000年4月発行

 

そして今、15年ぶりに読み直しました。

時代背景は少し古いかも知れませんが、この本の指摘は、

素直に生活に取り入れられ、本当に役に立つものばかりです。

これで、私の断捨離も改善できました。

2000年当時としては斬新的な内容で、テレビ、新聞、マスコミでも話題になりました。

ちなみに、この本に断捨離という文言はでてきません。

いわゆる断捨離本は、2005年以降に発行されたと思います。

 

本書の第1章と第2章の目次を記載しますので、是非参考にしてください。

できれば本書を読んでいただきたい。

 

 第1章 これであなたも捨てられる捨てるための考え方10か条

     「とりあえずとっておく」は禁物

     「仮に」はだめ、「今」決める

     「いつか」なんてこない

     他人の「とっても便利」は、私の「じゃま」

     「聖域」を作らない

     持っているモノはどんどん使う

     収納法・整理法で解決しようとしない

     「これは捨てられるのでは」と考えてみる

     「しまった!」を恐れない

     完璧を目指さない

 第2章 さあ捨てよう!テクニック10か条

     見ないで捨てる

     その場で捨てる

     一定量を超えたら捨てる

     一定期間を過ぎたら捨てる

     定期的に捨てる

     使い切らなくても捨てる

     「捨てる基準」を決める

     「捨てる場所」をたくさん作る

     小さなところから始めてみる

     誰が捨てるか、役割分担を決める

 

 

 

 

 


勇気を出せ

いくら知力、体力に恵まれていても、

勇気がなければ本当にやりたいことを達成することはできない。

誰にでも困難は降りかかる。

その困難を乗り越え、良い結果を手に入れることができるのは、

勇気をもって立ち向かうことができる人だ。

くじけてはいけない。

勇気を出せ。

自分ならできる、よし、やってみようと考え、行動することだ。

必ず、明るい未来がやってくる。


10月2日(金)日経平均小幅に3日続伸

日経平均は3日続伸。直近2日で800円近く上昇したため利益確定の動きがあり、売り優勢で開始。寄り付き後は17,600円台でもみあい。後場に入ると週末の米雇用統計を睨み、結局終値は2円高で終えた。

 


目標を定めよ

 

人が成長するためには、目標を定めることが重要だ。

幼児には幼児の目標、

小中学生には小中学生の目標、

高校生、大学生にもそれそれの時代に応じた目標が必要だ。

そして、社会人になってからの目標は更に重要だ。

人生は目標によって決まる。

目標とは「何を、いつまでに、どうする」 これだけだ。

小さくてもいい、目標を立ててみよう。

 

言うまでもないが、目標を立てたら実行すること。 

 

 

 

 


スポンサーリンク

P!アンテナ、2chnavi、プラズマアンテナ、News人、アイティメディア

1 2 3 4 5